泥汚れがみるみる落ちるユニフォーム用の「あれ」がすごい!

Pocket

懸命に野球をしている子供たちのプレーは時に感動を与えたり、勇気をくれたりする事もありますよね。

次の塁をどんどん狙い、積極的な盗塁でスライディング。あるいはただ走っても間に合わない時は「ヘッドスライディングーー!」親たちは一瞬ひやりとするプレーでもありますが、そういうひたむきなプレーをするからこそ、また野球が好きになり体でグランドという感覚を覚えていくというのも上手くなる道だと思います。

ただ問題があるんですよね、お母さん方の悩みの1つとして。そう、ユニフォームについた泥汚れ!これがなかなか落ちないとよく聞きます。というかうちの母親もそのうちのひとりでした笑

まあでも、綺麗なままで練習終えて帰ってくるのは出来ませんが(そういう願いは誰しも思ったかもしれません)なんとかしたいですね。

えっ!?石鹸なの?

僕も小学生の時は野球チームに所属していて、洗ってくれたユニフォームのズボンを見て「あの時についた汚れが残ってるなぁ」といい意味で振り返ることもありましたね。でもお母さんは「なかなか落ちないんだよねー」と頭を抱えていたのを覚えています。

その当時はお母さんの悩みはおろか野球に無我夢中でしたし、ユニフォームをいっぱい土で汚したら「練習したなぁ」という自己満だったり、「監督に注目されるかな」というバカみたいなこと考えていましたね笑。でもあるあるです笑

まあそんなことは置いといて、なかなか落ちない汚れに悪戦苦闘しつつある日母親が、保護者の方から汚れが抜群に落ちる石鹸を教えてもらったらしく見せてくれました。

当時は中学1年の頃だったので記憶はあいまいですが、少し黄色いような大きめの四角い石鹸でした。洗剤じゃなくて石鹸なんだぁと思いつつ洗ってくれたユニフォームをみたら確かにいつもより良く落ちていて気にならないくらいでした!

超真っ白というほどまではいきませんがそれなりに落ちていて、ソックスの汚れも落せていたのを覚えています。

どういう石鹸なのか最近になって調べたところ、「ウタマロ」というかなりポピュラーな石鹸らしいです。でも画像で見たところ黄色ではなく緑っぽい色なので当時使っていたのは「ウタマロか?」まあでも泥汚れを落とす洗剤で有名なのは確かですね。

色々調べましたが今の時代はかなりの種類の洗剤があってびっくりです!市販では売られていないような洗剤が業務用的な容量であったり通販で買うとかなりお得で買えたりと色々ありますね。

その他にも「洗い方は予洗いから」みたいな綺麗に汚れを落とす分かりやすい説明もあり、なんでも検索すれば出てくるのでホントに便利な時代だなぁ改めて思いますね。とはいえ、たくさんの情報があるからどれをチョイスすればいいか悩むところですが。

子供の野球に対する前向きな姿勢からおきた汚れも受け入れつつ、また真っ白なユニフォームで練習や試合に臨みたいと子供たちは思います。そしてあの時お母さんは俺のユニフォームを一生懸命洗ってくれてたんだなぁと感謝の気持ちを持つときがくるのでお母さん方もご協力お願いします!

Pocket