女の子も野球で活躍する時代に

Pocket

女の子、野球、スイング

野球というスポーツは男の人が活躍しているイメージがありますよね。

高校野球を見ると、選手みんなが丸坊主だし、グラウンドで泥だらけになりながら白球を追いかける姿

きつい練習にもがき苦しむ表情など、けっこう見たことはあるのではないでしょうか?

プロ野球も甲子園もテレビ中継でやってくれるし、そんな男の子がやるスポーツというイメージはまだまだ強いです。

他のスポーツではそんなことないんですよね。

例えば、サッカー

なでしこジャパンが2011年のサッカーワールドカップで世界一になった時の事覚えていますか?

それまでは、サッカーをやる女の子は少しずつ増えてきてはいましたが、まだまだ男の子がやるイメージが強かったです。

でも、澤穂希選手がキャプテンとして引っ張っていた女子サッカーの日本代表「なでしこJAPAN」が2010年辺りから躍進を遂げて、2011年の世界一で女子サッカーの人気は爆発的に上がりましたね。

サッカーもそうだし、ゴルフや卓球、水泳、スケート、レスリング…

どんどんと、女子スポーツの人気が男子以上に増えていき、男女関係のなくスポーツのイメージも時代と共に変わってきています。

最初にいったように、野球の人気は上がってきてはいますが、男のイメージが強いです。

でも、野球の観客動員数も女性比率はどんどん増えているんですね。

ちなみに、40代~60代の女性観客が多いのがデータとしてあります。

テレビとかで見る印象だけだと、20代30代の女性が多いのかなと思ったのでこれは意外でした笑

話がそれたのですが、野球人口は減っても野球人気はどんどん上がってきているんですよ!

そして、プロ野球は男だけがやる世界じゃないです!

女子プロ野球も発足しています!

2010年に日本女子プロ野球機構が設立して9年ですが、グッズや選手のファンクラブなどもかなりの人気だそうです。

まだ4チームしかない状態ですが、メディアでも多く取り上げていることもあり、これからもどんどん増えていって女子野球を盛り上げていってほしいです。

前までは、野球を続けてきた女の子の先はソフトボールでした。それは中学、高校と野球をする環境がなかったからです。

ソフトボールや他のスポーツでも楽しくできるのなら結果的にはいいですが、それでも野球を続けたいという子はかわいそうです。

でも、女子プロ野球ができたことから、とても大きくその環境を広げる活躍を選手たちがしています。

今の時代は、女の子にとって野球をするハードルは少し高いですが、これからは関係なく意識しないで楽しく野球をできる時代になっていくことでしょう。

イチロー選手が引退会見で言っていたことです

「自分が熱中できるもの、夢中になれるものを見つけられれば、それに向かってエネルギーを注げられる

それが見つかれば、自分の前に立ちはだかる壁に向かうことができると思うんです

それが見つけられないと壁が出てくると諦めてしまうということがあると思うので、色んなことにトライして、自分に向くか向かないかというより自分が好きなものを見つけてほしいなと思います」

野球がやりたい、いつまでも野球が好き、という気持ちがあれば男女関係なくやり続けてほしいし、いまではそういう環境もある、女の子が野球を盛り上げてるいっても過言ではないということを伝えたかったです。

お母さんも子供が野球を好きである限り、続けさせてあげてください。

~母の少年野球~

Pocket