少年野球 なぜお茶当番があるのか

Pocket

少年野球に限らずですが、どのスポーツも親の支えによって子供たちは好きなことをやれる、

そして成長できています。

特に、共働きをしている家庭や旦那さんが監督をしているところは大変ですし、そういったママさんたちには自由がある時間が限られていくので悩むところでもあります。

そのうえ、大人数いるシニアリーグなど、大きな組織はお茶当番があり毎週末交代制ではありますがほぼ一日働く形。

リトルリーグ、シニアリーグで急激に大変になる

この記事を書く際、自分が小学校の時に入っていた軟式のチームと中学へ入学する前に所属したシニアリーグでの事を母に聞いてみました。

シニアではスポーツ飲料やお菓子などを買うための会費を毎月担当の方へ渡していて、ポットやスポーツ飲料を入れるジャグという大きい保温冷用のタンクを持っていっていました。

小学校時代に所属していたチームはそういう形式はなく、各自水筒やペットボトルを持っていった程度なので母はそんなに現場へ顔を出さなかったですね。

確か他のお母さん方が試合の日にジャグを持ってきてくれてました。

とにかく、シニアの時が大変だったと言ってました。その当時は親のありがたみが分からず、野球に夢中でしたから今ではホントに感謝してもしきれませんね。

なぜお茶当番をやらなくてはいけないの?

少年野球は緩かったですがシニアの時は義務的な感じで断れませんし、そもそもこういう当番制はいつから出来たのか。

たぶん面倒見がいい保護者の方や監督やコーチに差し入れしたりそういう流れで「私もやらなきゃいけない」という誠意

あとは監督自身がチームの効率的な運営を考え当番制というのを作ったのもあるでしょう。

どれも全国にあるチームに浸透している制度ではありますが、もし自分がチームの指揮をするなら、選手たちにもお茶やスポーツドリンクを作ってくれる保護者の方と 協力 するようにします。

目的としては、自立心 をつけさせるため。

保護者達が手伝い、選手たちに野球をしやすくする環境を整えるのもいいですが、考える力というのが薄くなりチームワークに影響も出てしまいます。

ノムさんこと、野村克也さんがよく言う「野球は頭を使うスポーツ」勝つため、野球が上手くなるためには努力だけではなく頭も使うのが大事なんです。

そして自発的に行動をすることが、日々の親のありがたみを感じて野球に対する姿勢も格段に良くなると僕は思います。

お茶当番という事に捉われず、救急的な役割もあるので色々なことで子供を助けるお茶当番という形で考えると少しはいいかもしれません。

監督や他のお母さん方には無い知恵をあなたが持っていることだってあるんですよ。

なのでお茶当番などで悩んでいる方がいたら保護者の方や監督としっかり相談しましょう。

Pocket

コメント

  1. 笛田和美 より:

    こんにちは。

    小5、小1の息子たちが少年野球をしています。
    小5の息子は、2年生のときからやっています。

    こちらのコメント欄で、私の話を聞いていただこうと思いましたが、長すぎてご迷惑になりそうだったので、途中で書くのをやめました。

    もう、イライラが止まりません。

    差し支えがなければ、私の話を聞いてもらえないでしょうか?