子供に野球の基本動作が出来てないと恐ろしいことに

Pocket

ボールドクター

野球に限らずどのスポーツもケガはつきものです。

子供をケガなく無事に帰してあげたいという気持ちは監督も強く思っています。特に怖いケガが骨や神経などのケガをした時です。

野球肘という肘の故障があり、主にピッチャーに発生する投げ過ぎや休みを取らずに疲れが蓄積されることに起こることが多いのです。

成長期の時は骨や筋肉組織が発達途中なので、過度の投げすぎは故障の原因につながります。

最近では球数制限もあるので大丈夫ですが、個人差があるので難しいですね。

野球肘は肘の内側、外側部分ごとに痛めるところが違います。自分が過去に野球肘になった経験があります。

違和感があったらすぐスポーツドクターに診てもらってください

小学校6年生の時に痛み出し、最初の頃はあまりひどくなかったので気にせずに続けてました。

しかし痛む頻度が増え、毎日肘に違和感を覚えたので、監督に相談したところマッサージやアイシングをするようにと言われました。

それから投げ込んだ日にはマッサージとアイシングを行ってみると、疲れが取れるように軽くはなるんですが、痛みが相変わらず取れないでいました。

ひどくなったら整体にも通うまでに。そして肘の違和感と付き合いながら少年野球を引退。

限界が来たのはシニアリーグ在籍中です。痛みが以前より悪化しはじめ、ようやく病院へ診てもらうことに。

症状としては「遊離軟骨」所謂、野球肘です。肘の軟骨がこすれて剥がれ関節内を漂う形で関節の間に挟まってこれが原因で激しい痛みにつながるそうです。

僕の場合、危険な状態だったらしく、もう少し遅れていたら選手生命の危機になるとこだったので手術を行いなんとかなりました。

当時、6年生になった時にピッチャーをやるようになり、ストレートだけだと満足いかず変化球を試すようになったのです。

面白いくらいに変化するボールにどんどん欲が出て、変化球の練習もたくさんしていくうちに、肘の使い方が悪くなり知らないうちにそれが小学生の細い腕に負担になっていったのは間違いありません。

少年野球の試合で怪我人

基本が大事、基礎はものすごく大事

基本的に成長期に変化球を投げさせてはいけません。ストレート主体で色々覚えさせなければ基礎が身に付きません。

正しいフォームを身に着けていない成長期の一番大事な時に基礎を作っておかないとケガにつながるのです。

ピッチングはキャッチボールの延長線とも言えます。基本中の基本のキャッチボールをしっかりできていないと強い球を何十球投げるピッチャーは肩、肘に負担かかるのは当然ですね。

これが監督やプロの人たちがしっかりと子供たちに叩き込んでいるか。

何事も基礎が大事なんです。基礎は土台となる物。家を建てる前の土台と一緒です。土台が中途半端だと家が崩れてしまいますね。

大好きで夢中なことが出来なくなる

実は僕が手術を受けた病院の前に違う病院で一度診察してもらったんです。

MRIなどでしっかり診てもらいましたが、医者から言われたのが「野球はもうできないかもしれない」と言われたのです。なんと残酷

それから1週間以上は落ち込んでいましたね。だって好きな野球が出来なくなると知ったら子供はなかなか立ち直れないのが普通です。

セカンドオピニオンで行ったところが有名なスポーツドクターでしたので、要はスポーツ専門でキャリアの違いが大きかったのです。

この医師を紹介してくれたのは、シニア時代の保護者の方なんです。ホントになんとお礼を申し上げたらよいか。

ケガが原因で子供の落ち込む姿は見たくないです。

子供はやせ我慢してなかなか言おうとしないからお母さん方は日々の練習の報告みたいに会話をし、健康状態を把握しておいてくださいね。

Pocket