母の少年野球 笑顔の先にあるもの

Pocket

円陣を組む小学生

家庭に学校に少年野球にいつも頑張っているお母さんは大変です。

しかし、辛いことばかりだけど子供を守るのが母の役目。

大好きでたまらないたった一人のお母さんの子ですもん。

あなたが笑顔でいてくれたらそれで充分。

育児、子育て、少年野球

小さくてかわいい我が子はいつしか小学校へ入学。

保育園から小学校という大きな環境でまた成長していくのは、ワクワクと同時に不安ですね。

小学校まで無事に行けたのも、お母さんの愛情があってのこと。当たり前のルートではあるけど大きな一歩ですね。

そんな子供が野球をやり始め「野球チームに入る」というまでになりました。

いつもとは違う土日を迎え、最初は何を用意すればいいかわからず、旅行でも行くのかと思うくらいの着替えとタオル、結局重要な飲み物がなかったり意外とあるある(笑)

少年野球は大変ですが、その中で必ず忘れてはいけないものがあります、それは笑顔

朝を元気な笑顔で送り出し、かわいい我が子が無事に帰ってきたので笑顔でおかえり

「よしっ、頑張ってきなさい」と後押しして、笑顔とやる気を常に送り続けましょうね。

「しっかり行ってくるのよ!」「無事に帰ってきなさいね」

母によく言われた覚えがあります

伝染する

やる気と笑顔は伝染します!

例えばチームが負けていて全体に負けムードが漂っている中1人が勝つことだけを考え、がむしゃらにプレーすれば必ずチームの 相乗効果 へと繋がります。

大差からの大逆転劇は、高校野球などを見ていると感動しますよね。

実際僕もそういう試合が何度かありました。

少年野球をやっているうちはたくさん悩みも出てきますが、悩むことはいいこと!

その悩みを解決できる分だけ色々な変化に対応できるのです。

まあでも子供は立ち直りが早いですから、そこがいいところですね笑

なので笑顔も同じで、相手が笑顔で出迎えてくれたらいい気分になりますよね。

笑顔とやる気は伝染する、そう僕は感じています。

Pocket