びっくり!少年野球で父親が球審をやることも

Pocket

野球のルールやポジションなどに関してよく質問されたりすることがありますが、その一つとして野球の「球審」て何をする人なの?という質問。

シンプルな答えとしては「ストライクかボール、アウトかセーフを判断し試合終了までを仕切っていく役割の人」と言うのが分かりやすいですかね笑

少し気になったので野球の審判でグーグルで調べてみました。やはり試合の進行と判定を行うものである。と書いてあり他には、試合の進行に関する全ての権限を持つ、試合を司る重要な役割を担う。

もちろんその他の役割など膨大にありますが、要は神聖なるグランドの責任者として一番従わなければならない方です。その審判の種類も決まっていて、球審(キャッチャーの後ろ)、塁審(一塁、二塁、三塁の付近)、外審(外野の左右にいる)といます。

監督が球審をすると

しかし少年野球での練習試合によくあるのが人数が足らず球審だけでまとめなければいけない時が多々あります。やはりストライクとボールをしっかり判定する球審が優先的なことなので。

チームにコーチがいる方だと安心でき、塁審や時に球審も練習試合のがっちりとした公式戦じゃなければやってくれたりします。

がしかし、チームにコーチが存在してなくて球審も頼めなかったらどうでしょう。

「監督がやる?」そうですね、最悪のケースはそうなってしまいますが、選手も相手側も少しやりにくいしモチベーションにも影響しますね。

それにチームを指揮する人がいないと選手の能力を十分に生かせないのが良くないです。

ホントにたまになら、プラスに考えいつもとは違う角度で選手を見れるし監督にとってはいい材料になるかもしれません。ただ毎回となると話は別です。

えっ、わたしがやるの?

そんなときに監督が選手の父に「審判やっていただけないでしょうか」と言う事も決して珍しいことではありません。

しかも割と当日になって言われることもあるんですよ!内心できればやりたくないという人の方が多いし、そう思って当然ですね。

なんだよ、事前に言ってくれれば勉強してくるのにと思いますが、勉強したからと言って本番にしっかり出来る人はなかなかいません。翌日に学校のテストがあることをしって徹夜で勉強してもいい結果が出ませんからね。

でも、安心してください!

ほとんどの監督は試合前に簡単なルールやストライクゾーンなどお父さんに教えてくれますのでそれでなんとかいくものです。

公式の審判みたいに全てを把握することはなく、少年野球の練習試合でしたら監督もカバーできるので大丈夫だと思います。

あと審判をやってみてよかったという声もよく聞きます。技術的なことはわからないけど、ルールなどを色々知れ、それを子供に共有できたこと。

そしてなにより、子供のプレーを間近で見れたことが大きいです。

いつも見てるようで違う真剣な表情、子供の立場からも「お父さんと一緒に試合に出てる」といった不思議な気持ちでやりにくいですが子供にとってもいい経験になります。

奥さんも旦那さんの普段とは違う一面を見れるのも楽しみの一つに増えること間違いないです!

そういうお父さんの勇気が子供にとてつもないエネルギーに変わるので、もし球審や塁審を頼まれたら積極的にやることをお勧めします。

Pocket