少年野球の練習を見学してきました!

Pocket

昨日からゴールデンウイークが始まりましたが、みなさんはどう連休を過ごしますか?

少年野球の日程もあり、長い連休を満喫とはいきませんが、家族と過ごせる時間が増えますね♪

大型連休2日目、僕は久々に少年野球の練習をお邪魔してきました!

見学をする前に、今回お世話になった千早スポーツ少年団の方と連絡を取り合い、12時から14時の練習の見学ということにつながりました。

少年野球といっても、中学生の部の練習を見させていただきました。

現在のチームの人数は14名で、他と比べるとやや少ない人数ではあります。

いまの練習内容と、昔の練習内容というのはなにか違うのかなぁと思って見てましたが、特に変わったことというのはなかったですね笑

今日の練習内容はこんな感じでした、

1、集合時間前に各自、校外をランニングしてウォーミングアップ

2、グラウンドに入り一礼して、20メートル間で声出ししてウォーミングアップのような走り込み(なんか説明が難しい 笑)

3、キャッチボール、遠投

4、キャッチボールの延長でピッチング練習

5、バント練習 (送りバント、セーフティバント、プッシュバント)

6、バッティング練習

2時間だけだったので練習内容はバッティング練習が今日のメイン。

本来はそのあとにノックなど連携練習もします。

バッティング練習なんですが、

ピッチャーが投げて打つ形式と、トスバッティングの二つに分けて練習していました。

バッティング練習でのピッチャーなんですが、キャッチャーという的があると比較的ストライクゾーンに投げやすくやりやすいということで、そのキャッチャー役を手伝っていたのが保護者のママでした!

もちろん、大きなネットを前に立てて、キャッチャー役のお母さんはその裏で構えるだけで仕事をしていましたが…

見にくいですがこの写真の左奥に写っているのがそうです

池袋西中学校、野球グラウンド、バッティング練習光景

保護者のお手伝いはこういうこともするのかぁ、と改めて大変だなぁと思いました。

今回の練習を見学して、2時間という少ない時間でしたので選手の動きや表情などしっかりと見ていて気付いたことがあります。

それは、普段の練習はなんのための練習かを理解してやっているかどうかです。

というのは、キャッチボールの一球一球 何を心掛けて相手になげているか?

バッティング練習の時に守っている選手は、ただ守っているか?反対になにか意識しながら考えつつ守っているか?

バッターはただ来たボールを打っているのか?

もちろん、考えている選手はいると思いますが、バント練習もキャッチボールもバッティング練習も、流れ作業をこなすように見える時が多かったなぁと思いました。

練習というのは、試合で結果を出すためだけではなく、試合でヒットを打つ、いいプレーをする、そしたら嬉しいじゃないですか。

更に、自分がヒットを打って守ってチームの勝利に貢献出来たらもっと嬉しい!快感なんです!

その快感を味わうには練習が必要。

だから、常に試合に結びつくような動きを練習でも取り入れていかないと、楽しくなくなっちゃうんですよね。

ましてや、2時間という短い時間だからもっと目的意識を明確にして取り組むだけでだいぶレベルアップできますからね!

技術だけではないです、日頃の練習に対する姿勢ですよね♪

目的、自分の弱点分析、試合で結果が出なかった原因、

小学生だとこういう話は難しいですが、中学生なら多少厳しいことは言ってもいいのかなと笑

でも、子供たちの野球をしているところを久々に見れてとても楽しかったですね♪

あと、かなり日差しが強いので、次回から帽子とサングラス必須ですな。なめてました…

Pocket