少年野球 母親が我慢しなくちゃいけない時もある

Pocket

野球のことって誰かに相談しづらいもので、一人で苦しんでるママもたくさんいるかと思います。

教育現場のキャリアが長い人や、ベテランの監督でも、お母さんの少年野球での悩みに対するアドバイスは「我慢」というのが多いです。

「子供が好きな野球で上手くなりたいと思い、辛い練習にも耐えて頑張っています。」

「ご苦労や煩わしさに同意致します」「気持ちは分かります、しかし我慢しかないです」

我慢、我慢って言われてもそんなこと知ってますよ!って感じですよね。

そういった人たちは我慢という言葉だけで済ましていますが、しかし間違いではないです。

ただ我慢って言っている、あんまり考えてない監督さんもいるかもしれないですが、ちゃんと親の事を考えている監督ならその言葉の背景があるはずです。

子供が親の大変さを理解し、大人になる時には何百倍にもなって恩返しをしてくれるということです。

分かりやすく言うと、

子供は、今、その有難みや親の苦労を感じていないかもしれませんが、いつの日かそのことに気がついて母に感謝する日が来るので我慢してください。

そういう意味でもあります。

野球をやっている以上、お子さんは色々な悩みや辛いことを抱えています。

そして、それはお母さんの悩みにもなります。

ですが…

子供のピンチの時こそ母親が笑顔でいることが子供に安心感を与えるのではないでしょうか?

うちの母親は、あまり他の人と関わるのが苦手で練習や試合の見学はしていませんでした。

お茶当番もかなり大変だったので、少年野球は楽しいというのは全然なかったですね。

でも、辛い表情や愚痴も一切なく、僕が野球を夢中にできたのも母親のおかげです。

母にこんなことを言われたことがあります。

「お母さんが野球好きでなくとも、子供がやりたいと言えば練習に頑張っている姿、活躍は見たい!好きなことがあるならそれは応援する。大変な当番だってする。それが親の愛情だ!」

いつかの記事でも載せたことがありますが、母親の生きがいは子供の成長だけではないんです。

子供は母親をよく見ています。親が苦しい表情をしていたら子供も辛い。

お母さんは子供だけじゃなく、自分も大事にしてほしいんです。

「少年野球が辛くてもう無理」と思うなら辞める選択は母にあります。

うちの母親は少年野球は大変だったけど、僕が楽しんだり成長しているのを見て心が満たされたりしたから、きっと辞めたいという選択はなかっただけ。

もし、いまの少年野球をホントに辛いから辞めたいと思ったら辞めていい。

僕はそう思います。

母親が明るくなきゃダメですからね!

Pocket