少年野球 ほとんど手術は必要ない!子供の体の悩みと健康について

Pocket

野球 足のケガ

スポーツはケガがつきものです。

普段動かさない筋肉を急激に動かしたり、過度な練習によってケガをすることもあります。

少年野球に限らず、去年の甲子園から一躍スター的人気になった吉田輝星投手のように、とんでもない球数を投げたことが原因で、連盟もいままで以上に選手の体を第一に考えるようになっていきました。

過度なトレーニングや練習もそうですが、あまり練習していなくても正しい体の使い方をしていなかったら簡単に故障へと繋がります。

僕は中学1年の時に野球肘というケガで苦しみ手術をしました。なので一時野球を断念しました。

ケガの原因は投げ方にあったのです。

自分は投げる時に、肘が顔より下で投げる癖があって、要は手投げ状態でした。

そういう悪い投げ方をすると、肘に大きな負担がかかり、故障になって手術を余儀なくされる人のケースが多かったのです。

しかし、こういう野球肘などのケガが手術をせずに治せるようになってきています。

施術の選び方

ケガの箇所や症状にもよりますが、優秀な施術者のとこへ行けばほとんど手術せず、完治できるとのこと。

たとえば、椎間板ヘルニア。

これは症状が悪化してしまうと、手術という考えの患者や医者までもが手術を勧めるあるあるな事例です。

もし、ヘルニアで悩まされている方や選手がいたら、絶対手術はしないでください。

こういうのも、ほとんどは施術で改善されることが多いのです。

むやみに手術をしてしまうと、余計に悪化してしまう事例があるらしいですね。

でも施術といっても、「どこの整体へ行けばいいのか」ですよね。

僕が推奨する整体院はあるのですが、とりあえずいい整体院の選び方を教えます。

1、圧倒的な実績が記されている。

2、施術する前に、じっくりと具体的な説明をしてくれる。

3、悩みを聞き、その症状の根本的な発生箇所をすぐ見極めらるか

やはり、その施術者の完治してきた症状と評判の数がとても多いことです。

とは言っても、経験年数と施術してきた患者の数が多くても、経営がうまい人がやっていれば長く営めるし、新規の客もどんどん呼び込めるのです。

だから、腕があるとは限りません。

3、に関しては人間の構造と痛みが起きる原因を具体的に且つ分かりやすく説明できる施術者だと安心ができます。

やはり、それだけ基礎がしっかりしているということ。

体の構造や痛みが起きる原因について書いたのがありますので是非ご覧になってください。

坂本龍一も治療しに来た「cs60」とは

余談ですが、最近僕は施術者としてたまに働いたりしています。

結構前に行った整体院の方から久々に連絡を受け「施術者としてやってみませんか?」というお誘いがありました。

野球をやる人間として、過去にケガをした人間としてかなり興味をもったので、やってみることに決めました。

そこの施術は系列店でして、特殊な器具を使って施術を行うんです。

cs60というものすごーく簡単に言うと、自然治癒力や免疫力を最大限に引き出す施術器具なんです。

これを使って全身に当てていき、コリや痛み、体の悪いところを改善していきます。

最近では、吉本ばななさんのブログで紹介されたり、高城剛さんがラジオで紹介したりと少しずつ全国的に広がりつつあります。

先ほどのヘルニアや野球で起きたケガも早期であれば治した実績もあるものなので、僕はこれにいま特訓して使いこなせるようになりたいと思っています。

ケガをして野球を諦めるようなことを子供のうちからなってほしくない、かつての自分のように

そんな子供を減らすように、ママもコーチも協力していきましょう!

Pocket