母の少年野球 元気なお母さんでいるために、暑さに負けない体の作り方

Pocket

夏バテのホッキョクグマ

早いもので、今年も夏本番がすぐそこまでやってきますね。

暑さで疲れてしまう前に、強い体づくりの準備を始めるのも大事です!

まずは夏の体の状態を知ることからですね。

だるくて疲れやすい、食欲がない…。実感としてあるこんな不調以外に、実は多くの体調不良が夏の暑さの影響で起こったりします。

病気じゃないからと放っておくと、秋にはさらに状態が悪化したり、老化を加速させてしまいます。

対策を練る前に、まずは敵の正体をしっかり把握するという感じです。

昔より気候の変動が激しくコントロールが難しい

四季のある日本では、季節の変化に合わせて体を対応させてきましたが、最近の気候は本来の体の機能ではついていけないほど変化が激しいですよね。

徐々に体を慣れさせるということが出来ないので、体には相当ストレスがかかります。

汗をかく練習も出来ず、体温のコントロールもままならないので、体の機能に狂いが出るんですね。

そこから、「食欲がない、だるい、疲れやすい、体がむくむ、ほてりやすい、腸の調子が悪い、めまい」

夏バテのほとんどの不調は、自律神経の乱れと直結になっています。

逆を言えば、自律神経を整えるよう心掛ければ、体調不良も改善できるのです。

小さな不調の段階で放置しておくと、秋には症状が悪化します。

なので、早めに自律神経を整える方法を取り入れていきましょう!

体をケアし、食事でもケアする

気温や湿度の高さなどの環境ストレスは、体にとって危機に面します。

できるだけストレスを減らす、体調管理法を身に付けましょう!

夏の体調を左右する、梅雨の冷え対策

前の季節の過ごし方が、次の季節の体調に影響するとまで言われています。

すなわち、梅雨時の体調管理の成果が、夏に影響を及ぼすわけです。

湿度が上がるだけでなく、梅雨寒と言われるような気温の変化もあるので、冷え対策をしっかりして体調を整えるのです。

そして、エアコン、扇風機と上手に付き合うのも重要です。

睡眠は体を整える一番のケア方法。

眠りの質を高めるためにも湿度と温度は上手にコントロールして、湿度計を使って快適な睡眠環境を整えましょう。

ただ、クーラーの直接浴びないよう、冷風を扇風機で室内に回すなどの工夫も必要です。

いつもの就寝時間にこだわりすぎない

寝苦しくて寝付けなかったり、いつもより早い時間に目覚めてしまうことで睡眠時間は不安定になりがちです。

いつもと同じ時間にこだわるとそれがストレスになります。

いい意味で適当に構え、睡眠不足の解消には、昼寝をちょこちょこ取ればいいんですよね。

水分代謝を促しつつ、冷やしすぎない方法を選ぶ

食事の際に気を付けたいのが、体を冷やしすぎないことです。

食材を厳選して、バランスを取るといいでしょう。

水分補給は飲料だけでなく、キュウリやスイカなどの水分が多い食材に岩塩をかけて活用するのも手です。

そして、脱水症状を防ぐため、ミネラルをしっかり補給しましょう。

汗と一緒に機能調整に必須のミネラルも流れ出てしまうので、ミネラル不足が脱水症状をより悪化させます。

ミネラルがたっぷり入った味噌などは夏バテ対策にピッタリなんです!

僕は、朝と夜にしっかり味噌汁を取るようにしています。

睡眠中、汗とともに大量のミネラルが出てしまうので、朝の味噌汁が一番いいでしょう!

最後に、タンパク質をいつも以上に意識的に摂るべし

筋肉、血管など体のさまざまな部位を作るたんぱく質は大事な栄養素です。

日焼けなどで傷ついた皮膚の細胞修復にも使われるので、夏は特に不足しやすいんです。

そのため筋量が減り、代謝力が落ちることに。

食欲がないなら、少量をこまめに摂りましょう!

Pocket