連休明けの疲れ、顔のたるみやむくみが気になる方必見!簡単な対策を紹介!

Pocket

鏡を見て顔色をチェックする外人女性

ゴールデンウィークに家でゆっくり休んでいる人もいれば、旅行に行ったりと、それぞれ違う過ごし方があります。

でもこれだけ長い連休だと、すぐに普段の日常に戻るのがかなり億劫ですよね。

休みは嬉しいですが、休日の後の疲れなどが蓄積されて仕事に戻ったりすると、いつもより疲れが増します。

朝起きたら顔がだるんとして顔が老けた感じに見えるのは嫌!

そういった、たるみやむくみの対策を朝起きた時や昼、夜の3回に分けて行うといい簡単なマッサージ法を紹介します♪

対策の前の基本が大事!

マッサージの前に、まずは 姿勢 が大事になってきます。対策の一歩はここからです。

顔を含め、全身の筋肉が稼働するために大きな役目を担っているのが、脊柱起立筋という腰を支える背中の下の筋肉など、姿勢を支えている内側の筋肉が大事なのです。

猫背の人は二重あごの人が多いことからも分かるように、姿勢が悪いと顔の筋肉までたるんでしまいます。

背筋を伸ばして、全身の筋肉を稼働させるイメージで、たるみに歯止めをかけましょう!

むくみの対策として、タンパク質を積極的に取るといいですよ♪

むくみは、血液中の血漿タンパク質の量が少ないことが要因で起こりやすいのです。

血漿タンパク質の減少は食事と密接に関わっています。

高齢者や野菜中心の人の食生活は、タンパク質不足が問題となりやすいものなんです。

ダイエット時も要注意です!

たんぱく質は摂りためることはできないので、こまめに食事に取り入れるよう心掛けたいですね。

朝のマッサージで寝ぼけた顔、頭を一気に目覚めさせ、活動モードに!

寝起きの顔は、目周りはもちろん、全体的にむくんでいることが多いです。

まず、側頭部、前頭部、頭頂部、ほとんどすべてを刺激できる万能なマッサージを行いましょう♪

マッサージの際に気をつけたいのが、指の使い方

爪を立てないこと、髪をしっかりかき分けて、頭皮に指の腹を密着させること。

そうすることで、指の力が頭の筋肉をじんわり浸透させることが出来ます。

 側頭部から地肌を頭頂部に向かって持ち上げるように指をスライドさせます

 頭頂部まで、5秒くらいかけて指を移動 左右の指を交差させます

 髪の根元をギュッと両手で掴み、そのまま頭皮を持ち上げます

 髪を掴んだまま、「お」という口の形にしてそのまま5秒キープ

 手を離し、それを5回繰り返します

マッサージしながら呼吸も整えれば、頭だけでなく全身が目覚め、活動モードにスイッチが入ります!

気付いた時にコリをほぐしてストレスも解消

ストレスがかかることが多い日中。

気が付けば眉間にシワが寄っていたり、口角が下がってほうれい線がくっきり…なんてことになりがちではないでしょうか?

パソコンやスマホなど、目を使う時間が増えた現代では、後頭部のコリをほぐすのも必須です。

ここをしっかりほぐせば、頭全体が軽くなり、それだけでストレス解消やリフレッシュにもなります。

つい寄せてしまう眉間のシワには、両手の親指の第一関節を使います。

1、親指同士がくっつくように眉間に当て、ギューッと骨を押し込むように

2、眉間のシワを伸ばすように左右に筋肉を広げる指を皮膚の上で滑らせないように、広げた位置で2秒キープ

3、さらに、眉間から親指を1本ずらした位置、もう一本ずらした位置と計3か所で行います

口周りの凝った筋肉もほぐせる、ほうれい線対策マッサージ

ほうれい線対策マッサージは、小鼻の脇からスタートします。

人差し指の第二関節を使い、グリグリと強めの刺激で顔の筋肉のコリをほぐしてください。

当てている指は皮膚の上を滑らせないように、痛いくらいの刺激がいいですよ。

そして、小鼻の脇から指1本分下の頬骨の際の筋肉をぐりぐりほぐします。

さらに指1本分下の頬骨の際の筋肉をほぐします。

逆も同様に、両手を使って左右同時に行ってください。

夜は頭のコリを取り、翌日に疲れとたるみを残さないようにする

一日のコリや疲れをリセットし、深い眠りにつくためには、マッサージだけでなく、自律神経も整えることが重要です。

首は頭を支える役割だけでなく、脳から体へ、神経と血管をつなぐ重要な役割も持っています。

ここを温め、コリをほぐすことで自律神経のバランスが整う効果も期待できます。

寝る前の習慣にすれば、就寝中全身がリラックスして血流もよくなるので、寝起きの顔もスッキリ!

朝、なんだか疲れが取れていないという人は特に、頭と首回りの疲れとコリを取ってから寝るようにしましょう!

ほぐす場所は、首と後頭部の付け根あたりですね。

炭酸水用の500mlのペットボトルに45℃くらいのお湯を入れます

枕を外して、平らな状態で横になり、首の付け根をペットボトルに乗せ、その状態でゆっくり腹式呼吸を3回行ってください

ゆっくり頭を右側に倒し、そのままで腹式呼吸を3回繰り返します

そして、反対も同様に行い、3セットやるとかなりリラックスでき安眠効果が得られます

終わりに

40代にかけて気になる顔のたるみやシワなど、このような対策を朝、昼、夜に行えば見違えるような効果が得られます。

このゴールデンウィーク中に一度実践してみてはいかがでしょうか♪

Pocket