少年野球での子供の悩みにお母さんはどう向き合うか

Pocket

グローブの絵

野球をやり始めたときは、「練習ってこんなに大変なんだ」と思うこともあり、打席に立つときのこのドキドキ感「緊張」というのもここで初めて味わうかもしれません。

仲間とチームワークというのもここで気付かされるでしょう。

そんな純粋な気持ちが少年野球の魅力でもあります。純粋がゆえに、きっと困難や大きな壁に初めて直面した時がとても重要で、今後の将来にも響いてきます。

そういう時にお母さんはどう対応すべきか。というよりどう子供と向き合うかがお母さんも少年野球を楽しめるに繋がります。

野球、少年野球の外部からのイメージ

少年野球に限らずですが、チームの働きを円滑にするべく保護者さんのサポートはとても重要です。

ですが少年野球は主役は子供達。なので外部から見ると子供について色々考えたりされ注目されるのは当然ですね。

一昨日のスポーツ記事が特にそういった事を記していました。

横浜DeNAの筒香選手が地元の少年野球チームを訪れ、未経験者に対して野球体験会を開き、報道陣たちに今の少年野球について自身の考えを綴られてたのを見ました。

僕も色々記事にはしてきましたが、日本のトップアスリートの意見が出てくることはとても貴重でそれだけ「野球」そして未来ある子供達について野球が危惧されていると強く訴えていると思います。

野球に限らないですが、色々な問題があるなか、僕は子供達をサポートする側はこういう体験会を開き呼びかけて、発信し続けるのも大事だと思っています。

ここで問題なのが、子供たちにフォーカスすることがやはり多く、それを支えている親の現場での意見に応えることの方が少ないこと。

お母さんも結構大変なのだから少しでも悩みの解消とその現場作りも大切にしていきたいですね。

さて話を戻しますが、その母の悩みとして今回の本題の「野球で子供が悩んだ時の向き合い方について」ということで…

我が子にどう接していけばいいか、いつも通りのママでいるか

意外と多いかなと

でも悩むのは当然です、初めて直面することですから。野球を通じ、子供たちも学校では得られない貴重なことを経験します。そこを1人の力で解決できるなんてまだ厳しいです。

なのでまずは協力する、一緒に悩みを解決していくことが大切です。そこで親子の絆が作られていくのです。

目標を達成するために一緒に努力してみる

もしお母さんが、勉強やスポーツに自信がなくて「教えることが苦手、野球はちょっと、」って思っても大丈夫です。

日頃の関わり方、姿勢が子供に影響すると前回の記事で書いたんですが、母の普段の姿勢が子供にうんと影響を与え性格にも響いてくるんです。

子供が何に悩んでいるか聞き、野球の技術的なことだったら「なにが分からなくて、どうしてうまくいかないか」一緒に原因を探って子供に考えさせる。一緒に解決へと導きだすまでが大事です。

原因または解決したいことはチームの監督に聞いてみるか、自分で調べて原因が分かるなら調べさせる。

もちろん「聞く、調べる」は子供がすることですが、そこまでを一緒に協力するという感じです。

そういう積み重ねが、子供の成長につながり自立心が身につくようになりママの負担も軽くなるのではないでしょうか。

ここで大切なのが、子供の悩みに対してしっかり向き合い一緒にがんばっていき子供の成長を認識した時は少年野球とも楽しく向き合えるようになると思います。

Pocket