少年野球 母の悩みを解決!ほったらかしの仕組み

Pocket

LIFEと日本円硬貨

僕が少年野球をしていた頃ももちろん共働きの家庭もいました。中には途中から働きだしたチームメイトのママもいたのでやはり少年野球はお金がかかるものなんです。

しかし無理なく貯めている人の方法は超シンプル!うまくやりくりしていけばそういう問題にもおさらばできるのです!

給与天引きで先に貯める

ずっと共働きでやりくりには無頓着という方で、「家計の見直しからスタート」という考えもするかもしれません。

でも、家計簿をつけてみてもレシート整理が面倒で挫折。さらに、予定外の出費で予算がくずれるとイライラしてムダ買いに走るという悪循環・・・てことありませんか?

「こうやらなきゃ!」と意気込むと、それが自分を追い込んでストレスになるので、「先取り貯蓄して維持できればよし!」と割り切る方法もあります。

それが給与天引きです。

①人に渡す金額の中から先に一定の額を引く。
②貸し金から利子をあらかじめ引く。
なので会社的には、給与天引きは会社が従業員に渡す給与という金額の中から社会保険料等控除すべきものを先に引き去ることとお考えください。

給与天引きで自動的に貯め、生活費をやりくりするだけ。使えるお金も物も見える化することで、ムダ買いが減少。いろいろ試したからこそ、自分に合ったシンプルな方法にたどり着き、ラクに貯蓄が殖える家計になると、少年野球のママが実践していることもあります。

貯まる人

お金の流れがわかりやすい人は、給料が入ってから、どこに貯めて、どこから使うかが明確なのが貯まる人。

例えば、銀行口座やカード類が最小限で、貯蓄の仕組みだけでなく、予算の管理もスッキリしているから自然に使い過ぎを防げ、黒字が続くのです。

簡単に続けられることだけやる

貯めている人は自分に合わないやりくりはしません。先ほどの給与天引きを実践しているママも自分に合ったのがこの方法だったので続くのです。

「無理せずできることしかやらないのが長続きの秘訣。」ストレスがなく、ムダを見直す余裕が持てるので、貯蓄ペースがどんどん加速していきます!

ルール

貯まるシンプルなルール

上記にも書きましたが、チャレンジしたことのある家計簿、実は家計簿は不要!

欲しい物や出費予定をメモすることで頭を整理します。家計簿は自分には不向きと断念なら、欲しい物や価格を比較したいものがあれば、手帳にメモします。書くことで、本当に必要なのか冷静に判断できますからね。

実際に買ってよかった物はレシートごと残して、次に買うときの参考にすといいでしょう。

値段に釣られてうっかり買いをやめる

「安いから」と買って使い切れなかったり、質がイマイチで長持ちしなかったりという失敗はありませんか?

本当にお得な物や自分に合っている物だけを選ぶようになると、ムダ買いがなくなるはずです。

安いだけよりも長く使える質のいい物にシフトもありです。どんなに安くても品質が悪くて長く使えなければ、かえってムダと実感し、物選びもシンプルに。

知らないと損する情報だけ取り入れる

お金に関するニュースや制度は、知らないと損することもあるので、常にアンテナを張っています。

昔より情報量がいまの方がたくさんあり、どれをピックアップすればいいのか迷うところです。

特にネットは情報量が多すぎて出どころが曖昧なものもあるので、じっくり読める新聞の方が実は新しい情報も手に入るので知識の幅が広がると思います。

それは効率が悪い!?

意外な「思い込み」によって時間も労力もお金もムダにしている人が、たくさんいます。

例えば、特売品を求めて「スーパーをハシゴ」する。それはシンプルじゃないです!

スーパーを何軒も回るために時間と労力を費やしても、特売品の値引き率がそれに見合っていますか?

その日行ったスーパーで見つけた特売品を買えばOKとシンプルに考えましょう!

何でも安いところで買うのはシンプルじゃない

100円ショップはとても便利なものが置いてあり格安で買えますが、そもそも「100円」本当に安いのでしょうか?

「100円=安い」という思い込みを捨て、その物自体に100円の価値があるかを判断しましょう。

野球の道具やユニフォームだって安いからといってついつい買ってしまうのもよくありません。グローブにしても消耗品の部類に入るので、長く使えるようなものをしっかり選ぶことも大事です。

野球の出費が高いから、物欲をセーブするのはシンプルじゃない

子供がやりたいことと自分がやりたいことは、きっちり分けて考えるべき!我慢ばかりしていると、ストレスが溜まって爆買いに走ることもあります。

子供にかけるお金は予算を決めて、将来の教育費に備えましょう。

まとめ

いかがでしたか。自分に合うやり方など見つけてみてぜひ試してみていただきたいです。

ストレスなく家計がうまくいけば、子供もママも毎日楽しく過ごせるようになりますよ♪

Pocket