少年野球のお母さんが知っておいた方がいい事 6選!

Pocket

少年野球の試合、バッター

少年野球の現場では数多くの驚きや、出来事に遭遇します。

お手伝いするだけで思った以上に負担がかかることに驚いたり、「気付いたらやることだらけじゃん!」とびっくりするでしょう。

大変ではありますが、うまくやっていけばきっと楽しい発見も見つかり、やりがいを感じる時もあります。

しかし、負担が大きいのは否めない…

事前に起こりそうなハプニングや準備をしておくのも負担を軽減させるコツでもあります!

なので実際に、少年野球の現場で気を付けることや、用意するものを改めて紹介したいと思います!

少年野球にかかる費用

領収書、計算、出費

少年野球は道具の他に、毎月の月謝と保護者会費(月謝に含むチームも多い)、遠征費、ガソリン代、飲料とお弁当

その他にも色々とお金がかかるんですね。

特に、道具は慎重に選ばないと公式戦で使用できないものあったり、「あまり費用をかけたくない」と、むやみに安価な物を買ってしまうと、長持ちしない物もあります。

しっかりリサーチしておくのが必須です!

少年野球に必要な道具と細かな費用についての詳細はこちらを参照ください↓

少年野球の基礎を作る食事

外人、子供、ハンバーガーとポテトを頬張る

いまは、時短でいかにお弁当の準備に時間を割き、他のことをするかで自分のやりたいことにも費やせます。

そこで頻繁に頼るのが冷食ですね!

しかも、いまの冷食はクオリティが高くて、「旨さ、スピード、低価格」の三拍子が揃ってます。

それに、子供もその冷食に満足するので主婦には欠かせないですね。

しかし!

いくら便利とはいえ、スポーツをする伸び盛りの子にとってもっと栄養があってボリュームのある食事も取り入れた方がいいです。

食事メニューもそうですが、食事方法も大事になってきます。

食事方法というのは、翌日試合がある日はこういったメニュー、試合の日の朝はこのメニューなど、けっこう気を遣わなければいけないのもあるので大変です。

まぁでもこれは、あくまで野球を真剣に取り組んでいる子にはしていただきたいので、そこまで徹底的には気を配らなくても大丈夫です。

でも、冷食ばかりだと栄養が偏るので気を付けてくださいね。

グラウンドでもおしゃれはしたい!洋服選びについて

少年野球のお手伝いは常にグラウンドでの作業です。

ですので、簡単なボール拾いなどをたまにするときもあり、砂ぼこりや靴に土が付いたりと、

つまり… 汚れます!

ホントに見学なら大丈夫ですが、お手伝いとなると、おしゃれをするのも一工夫必要なのです!

おしゃれジャージなどもありますが、リネンのシャツなら長袖でもさわやかで、日焼け防止にもなります!

リネンのシャツの良さは、涼しく、素材自体に雰囲気がありボトムと合わせやすいのもあります。

清潔感やしっかりとした感じも見られ、着こなしが簡単だと思います。

リネンシャツの他にも、Tシャツワンピもグッドです!

いまのバリュー服って、「洗っても丈夫、うまく着こなせる、撥水、紫外線カット、速乾性」いろいろなメリットがあり、少年野球のママもおしゃれするならこういった服なら問題ないと思いますよ♪

少年野球の恐れること、ママ同士の関係

悩む女性

ママ友のコミュニケーションの取り方や、人間関係についてこのブログでは数多く取り上げてきました。

やはりママたちの距離感やコミュニケーションに悩む方って少なくないですからね。

それをフォローしてくれたり、うまく構築してくれる人がそばにいればいいのですが…

もちろん優しいママもいれば、優秀な監督がそこをしっかり理解してくれたりします。

世の中色んな人がいるので、難しいです。アドラー心理学で「人の悩みの9割は人間関係」というほどですからね。

このことに関してしっかり僕もアドバイスやフォローしていきますよ!

「お茶当番って…他にもやることあるのね」

ママ友の関係やチーム運営の良し悪しはお茶当番がキーになっていると感じているのは僕だけじゃないはず。

お茶当番大変ですよね。

うちの母親にも少年野球で大変だったのは何?と聞いたら「お茶当番」と即答するぐらいですから。

少年野球に限らずですが、このお茶当番の問題、連盟と監督側はしっかり議論してほしいところでもあります。

ただ今年の1月に、全国的にお茶当番と母親の問題がニュースとなりましたよね。

プロ野球選手の筒香選手が少年野球の在り方と監督の指導法に対して提言をしました。

そこから各メディアが拡散し、筒香選手も野球人口や少年野球について深く掘り下げ、母親の問題についても指摘してくれました。

日本のトップアスリートがこういう発言をするのはとても影響力があるし、実際に取り組むようになったチームもいます。

こういう活動は一時的なもので終わらせずに、もっともっと発信続けていくのが大切です。

話を戻しますと、お茶当番の負担というのがかなり大きいということでどう対策をしていけばいいのかしっかり考えることで、お母さんの負担軽減に繋がります。

子供の成長、自分の成長

少年野球は決して大変なことばかりではないです。

最初は子供のことよりも、自分自身で精一杯なときもありますが、色々な人に支えられ続けてこられるんです。

そして、いつのまにか子供も野球が上手くなったりするんですよね。

試合で悔しい思いをする我が子。

練習に打ち込み黙々とがんばる姿。

試合でヒットを打ち恥じらいながらも嬉しさが顔から伝わったり

みんなで1つになりチームが勝利したら喜ぶ

いままで見せたことない大きな感情ももしかしたらこの時にしか見られないかもしれません。

一生懸命作ったお弁当や、泥だらけになったユニフォームを洗濯するのも大変だったけど、その瞬間というのはすべて財産になるのです。

子供が卒業したらこんな体験できないですからね。

そして、あなたはいずれこう思うでしょう「私はよくやったなぁ、偉いじゃん自分!」

そして、子供が大人になった時に親の苦労やありがたみを知り、成長するのです。

少年野球は大変ですが、続けていくと報われるときは必ずあります!

~母の少年野球~

Pocket