時代遅れな日本の高校野球

Pocket

高校野球 整列

高校野球の問題がまた多くのメディアで取り上げられていますね。

先日行われた岩手県の大船渡高校と花巻東の決勝戦。

大船渡高校はエースの佐々木朗希くんが試合に出場せず敗退してしまい、監督がエースの佐々木くんをずっと出さなかった判断について各方面で色々バッシングも浴びています。

僕はその決勝戦をスポーツアプリで見ていました。

もちろん、佐々木くんの決勝での投げっぷりと、岩手は花巻東を倒さないと甲子園に行けないと言われているので、この決勝戦はとても楽しみにしていました。

しかし結果はニュースで取り上げられている通り、佐々木くんは先発はおろか、代打にも出ずにチームは敗れました。

決勝は投げるだろうと思ってましたが、もしかしたら先発回避で途中からもありえるなという予想はしてましたが、まさか最後まで出さなかったのは正直驚いています。

ここで、國保監督の判断について物議になっていますね。

佐々木くんは前日投げたので、連投は将来のことを考えた上で投げさせなかったそうですが、そこに関しては監督も相当辛い決断だったはず。

佐々木くんも「監督の判断なので、仕方ないです」と言っていました。

佐々木くん、そして選手たちの本音はどうか分かりませんが、「こういう状態になったら佐々木は登板させない」というミーティングは必ずしていたでしょう。

しょうがないと言えばしょうがないですが、これで後悔がないと言える選手はいないと元高校球児としての率直な意見です。

監督自身も、それは投げさせたかったのは当たり前。

僕もそこについてはもう色々言いたくないですが、しかし、こういった決断というのはこれからの高校野球の在り方が少しずつ変わっていくのではないかと思っています。

いままでだと、高校野球は甲子園に行くために選手と監督は全力で練習や試合に臨んできました。

それが、大船渡高校の國保監督の采配というか判断をきっかけに、高校野球は甲子園が全てではないという考え方になりつつあるかもしれません。

これまで僕は、球数制限について正しい投げ方とケアが大事というのを言ってきましたが、

もう1つ、これは僕だけではないと思いますが苦言を高野連に聞かせたいです。

「大会日数をなぜ増やさない!?」

今回の佐々木くんだけの話だけではないですが、連投が続くエースを投げさせて、故障したらその子の将来も奪ってしまうし、投げさせなかったら、本人も周りもなかなか納得できない。

それをどう判断するかというのは、どうしても監督には酷な事。

去年の吉田輝星投手の出来事があったのにも関わらず、大幅な大会日数を設けないのはやはりおかしな話なんです。

ちなみに大船渡高校の國保監督は、アメリカの独立リーグでプレーした経験があり、そこで日本とは違い、アメリカは投手の休暇や球数が徹底されていることを肌で感じたそうです。

桑田真澄さんも同じようなことを肌で感じて、球数制限や投手を休ませる意識がかなり重要だと学んだらしいです。

そこまで、投手の休息を重視し、大会期間中の休みの日を設けないのは、主力の投手を3人か4人必要ってことにもなります。

しかし、それは公立校が不利になりますよね。

高野連、大人たちが子供たちを無理なくプレーする環境をもっと大胆でもいいから作ってほしいです。

余談ではないですが、高校野球とかの開閉式の長さもあれは問題です。

炎天下の中でよくいまもやってるなと正直思います。

長い歴史とか関係なく、もっと無駄を省けるところはとことんやっていくことが大切な気がします。

みなさんはどう思われますか?

Pocket