有名監督、強いチームがいいという安易な考え

Pocket

少年野球 打撃練習

子供が野球に興味を持ち始め、「もっとうまくなりたい」「テレビ中継で見た本格的な野球がやりたい」という気持ちになり、親はどこかの野球チームに所属させるのが自然な流れでもあります。

「距離を考え、家の近くにあるチーム」や「知り合いなどが多いチーム」地域に少年野球チームが少なかったらしょうがないですが、いくつかあるとどこに入れるのがいいか悩んだりしますね。

あまり考えずにチームに入れてしまうお父さんお母さんが多いのですが、その前にチーム選びをしっかり考えなくてはなりません。

特に調べもしないで子供をチームに入れるのはとても危ないです!

それくらいチーム選びというのが大事になり子供の未来に関わってくると言っても過言ではありません。

チームの人数

まずはどのようなチームかという点です。

少人数のチーム → 少ないチームだと溶け込みやすく、チームメイトとすぐに打ち解けることが出来そうですね。子供がレギュラーになれる確率がグンと上がり試合に多く出れ、たくさんの経験が出来ますね。

お母さんのチームへのサポートも、人数が多いチームより負担が少なくなるかと思われます。

メリットデメリットを考えるとその捉え方は、子供や保護者によって違うのでそこについてはあえて触れないようにします。

大人数のチーム → レギュラーの競争率が高くなります。その中でどういう気持ちで練習に向かうか。上を目指し、がむしゃらになってレギュラーになり試合に出る。か、純粋に野球が好きで試合になかなか出れなくても楽しいから続けられる。

野球はグランドに立てるのが9人。数が多いチームだと必然的に競争率が上がりますね。

でもレギュラーが全てではないですので、どういう目的でそのチームに入ったか、レギュラーになれなくても楽しくやれていればそれでいいと思います。

監督はどういう人か

これは人柄と指導方針などですね。監督のカラーがそのチームに反映していくので、まずチーム選びになったら、監督をより知っていくのがいいと思います。

「勝つことが第一」の人もいれば、「子供をよりよい環境で野球をしてもらう」「勝ち負けは二の次とにかく楽しく」といった具合に色々な指導者がいるので難しいですね。

でも指導者次第で子供のこれからも関わってくるので焦らずしっかり調べたいものです。

なので早い話、ネットにチームのホームページがあればそれを見て、「土日の練習時間と年間スケジュール、月謝、保護者の方の役割、使用グランド」など細かく書いてあればいいのですが、もし知りたいことが書かれていなければ、電話をして1日体験を申し込みましょう。

体験入学は超大事

僕も小学校の時、友達の紹介で入りましたが、所属する前に「一度試しでもいいからやろう」ということで、半日練習を見学したことがあります。

シニアの時も少年野球の監督の推薦で1日体験をしたことがあります。

どこのチームも学校と同じで体験入部を受け入れているので、もちろん強制はなく終わったら検討が出来ますよ。

なのでその体験を申し込んで、監督がどういう人柄で、チーム方針や子供の教え方に対する考えをしっかり聞くことを強くおすすめします。

子供がプロを目指したいという気持ちがあっても、強いチームではなく僕は無名のチームでもいいと思ってます。

うまくなりたければそのあとの練習をどれだけやるかなので。

よく名監督のいるチームや強豪チームに入らせないと上手くならないという考えを持つ方もいますが、いい大学に進み、一流企業に入れば安泰と同じで、その幻想は戦後60年で終わったと思った方がいいです。

しっかりリサーチして子供に合った環境を出来る限り見つけるのが親の役割でもあります。

Pocket