少年野球の深刻な人口減少の問題

Pocket

監督、ノック

このところスポーツニュースだけでなく総合的に上げられている話題があります。それは横浜DeNAの筒香選手が強く訴えている野球のあり方についてです。

このブログにもいくつか載せたことはありますが、近年野球人口の減少が深刻化されていてプロ野球機構も重大な問題として取り上げています。

選手たちも積極的に野球教室を開いたり、野球の楽しさを肌で感じてもらうような活動を積極的に取り入れているのをよく見かけるようになりました。

そんな中、筒香選手が野球人口の減少について、いまの「子供たちにとっての野球」を見つめ直してほしいと野球関係者の大人たちに警告を促し、日本を代表する4番打者が未来の野球のあり方について突破口を切り開いてくれるような感じがしました。

それは、筒香選手が地元の少年野球チームへ行き、野球の体験会を行った後、記者の方たちにコメントしたことから始まりました。

練習などで指導者が子供たちに細かい指示をし、上手くできない子たちには罵声を浴びせていたのがものすごい気になっていたと。

「子供ができないのは当たり前。少年野球チームなのに大人が中心になっているのでは?と感じました」

指導者の勝利至上主義

筒香選手は、昔からの野球の指導法を取り入れている人がいて、その多くが勝ちにこだわり、常に勝ちを優先してきていると言っていました。

「長時間の練習や厳しい指導だと、せっかく野球に興味を持ってくれて入団した子供たちが辞めていくのも当然」と

僕はこのニュースを見て、とても共感し、「ようやく提唱してくれる現役選手が出てくれた」と、嬉しい気持ちになりました。

やはり人間の本能として「勝ちたい」というのが本能としてあります。優位に立てばいい気分になれる。勝てば優位になる、いい気分になれる。

そして、勝てば欲求を満たせる、勝って刺激を味わいたいという悪い方へ傾き、監督自身思ってはいないけど、いつしかそういう「自分の欲求を満たしたいがために」子供たちにも勝ちにこだわり、強い指導法になってしまってるのもあると思います。

根底にあるのをしっかり認識し、やり方はアップデートしていく

活動も大事ですが、筒香選手くらい発言していくことが大事です。

それがきっかけか分かりませんが、数日後に自身の出身地である和歌山県の橋本市のスポーツ推進アドバイザーに就任されました。

直後にスポーツ指導者向けの研修会を開き、子供への指導方法についての講義もしたとのことです。

そこでまた大事なことを話されてました。「多くの指導者は自分が経験したことばかりを言って、頭の中がアップデートされていない」と

「時代は明らかに違うし、常にアップデートしていかないと、子供たちの将来は守れない」

実は27日放送のNHKサンデースポーツでも、このことが特集され、筒香選手が改めて「今の野球と未来の野球」について話されていました。

明らかに時代は変わっているのに、いままでのやり方でやっていくのは、どんな職業もどこの国行っても通用しないと思います。

ちなみに筒香選手の活動が世界でも注目され、日本外国特派員協会という、スポーツジャーナリストを中心とする会員に、業界や職業の環境をよりよくするための討論や会見などを定期的に開く目的の協会において「日本球界の未来を変える」というテーマで自身の思いを伝えLIVE配信もされました。

たどたどしくスムーズには話せていないのはしょうがないですが、こういう活動が子供たちの将来を守ることに繋がると僕は信じて筒香選手の行動にとても胸が熱くなりました。

https://www.youtube.com/watch?v=KuZbxU7RxuE

Pocket