親の負担が大きい少年野球はこれからどう改善していけばいいか

Pocket

少年野球に限らず、子供をスポーツチームに所属させたときの大変さはどの親も感じることだと思います。

学習塾のような習い事だと、お母さんの役割は、そこの場所へ送り向かいをする、家が近ければそのようなこともしなくていいんですが、少年野球はそれだけではないですよね。

少年野球も習い事の型には入りますが、お手伝いや、あらゆる面のサポートをするので意外と子供以上に親は動いている感じはあります。

少年野球を支えているお母さんたちはこんなにも頑張っていて、色々考えているんだよと、理解してもらいたいですが、あまりこういう内情ってほぼ伝わっていないのが現状なんですね。

野球連盟の方も、議論の1つには上がっているかもしれませんが、主には子供たちのための制度を作ったり、最近では球数制限を定めたりしていますから。

野球連盟側に頼ってる段階では改善は見込めないかなぁと思う次第です。

経営学も結構大事

監督がどこまで保護者たちとの連携が取れているか、保護者が抱えている疑問点や不安要素をしっかり理解し改善しようと努めているか

監督も子供たちの指導だけでも大変ですが、こういうコミュニケーションを保つのも、監督の務めでもあると思います。

大げさな話ではなく、少年野球における監督は、経営者という心構えも必要だと思うんです。

選手たちが楽しく野球をしているか、保護者たちが問題なくサポートしているか、チーム運営がしっかりしているかは、監督自身の野球の技術と実績はほぼ関係ないのです。

とはいえ、監督1人でチーム運営をしていくのではなく、保護者と選手にも協力して、どうしたらみんなが楽しくやれていけるかをそれぞれ分担をしていくことで、負担が分散 へとなっていくことにつながります。

そして、チーム運営がうまいところはママたちの悩みも半分は解消されると僕の見解ではあります。

だからといって簡単な話ではないことは重々承知しています。

チーム運営について

少年野球において、お母さんが抱える悩みは色々あります。

監督の指導法について

お茶当番の大変さ

ママ同士の関係やコミュニケーションの取り方

子供の成長段階においての悩み

家事や仕事

等々…

たくさんありますが、ほとんどはチーム運営がしっかりしていれば改善される悩みでもあるんですね。

お茶当番については、最低人数でうまく回るように各家庭のスケジュールを把握し、当番の振り分けをして、連携が取れるように監督自身お母さんたち同士とミーティングをしてみる。

ママ同士のつながりもチーム運営において重要です。監督がママたち全員と話す場を設けてあげれば、いざこざがなくなりチームが円滑にいくんです。

ママ同士の連携もしっかり取れていないうちは、当然チームもうまく回らず、結果的に負担がかかるということになります。

大事なのは、共有する場がしっかり作れているか?

それでも厳しいのなら、選手1人1人に保護者がする役割を小さなことでもいいから協力してあげるようにしていくのも、子供たちのいい教育にも繋がると思います。

例えば、お茶当番での飲み物だけは子供たちで用意するとか。

チーム全体で協力すると、結束力がつき、楽しさが湧いてきます。

シェアする時代だからこそ、みんなで出来ることはして、助けが必要なら分担させることを当たり前のようにしていってほしいです。

なので、どんどん親の負担が軽減され、少年野球のイメージが変われば必然的に野球人口にも繋がるのではないかと。

考えが甘いところはあるかと思いますが、こういったブログでの発信をするかしないかで、何か少しでも感じる人が一人でもいるのなら、自分の考えは伝えていきたいなと思っています。

Pocket