いい人間関係を作るのは意識だけで大丈夫?!

Pocket

サムズアップ

ゴールデンウィーク明けで、会社を辞めたり、バックレたりする人が後を絶たない中、あるサービスが話題になっているそうです。

それは、退職代行サービスという上司に会社を辞めると言うのが怖かったり、会社に行きたくない人が主にそのサービスを使い、代わりにその会社と話し合いを進めるというものです。

このゴールデンウィーク明けに一気に利用者が増え注目されているそうです。

価格はよくわかりませんが、けっこう需要があるそうで、日本らしい発想というか、意外と使う人がいてビックリです。

個人的に利用者側より、それを使わせてしまうおもしろくない会社を作ってしまった経営者にも問題があるのかなぁと感じています。

さてさて、本題は「いい人間関係」についてです。

例えば、友達の作り方などについて

どんどん友達を増やした方がいいですよ!って言われたときに「どうやって友達になったらいいのかわからない」と友達の作り方を聞いてくる人がいます。

でも、友達って自然に出来るものなのではないでしょうか。

何かの機会で出会い、気が合って仲良くなると、それが友達です。

というと今度は、「きっかけの作り方を教えてほしい」と聞いてくる人が多い。

なぜならマニュアルでいままで生きてきたのです。

方法がないと何もできず、レシピがないと料理も作れず、自分の知識以外のことに直面すると、悩んでしまう人が多いのです。

しかし、もともとは世の中にマニュアルもレシピもなかったのです。

あったのは、勘だけ。

この、勘という素晴らしい「生きる力」を人間は本来持っているのに、マニュアルやレシピに頼ってそれを使わなくなってしまったのです。

結果、勘が鈍くなり、誰かに教えてもらわないと、何もできなくなってしまうんじゃないかと思うんです。

でも本当は、自分の本能に従ってすれば、すべてうまくいくはずですよ。

人付き合いも、初対面から「気が合いそうだと思った」とか、「いい人そうだと感じた」とか、そういう勘を頼りに距離を縮めると、お友達などすぐにできます。

そのうえ、直観に頼って生活していると、エゴという殻が取れてくるので、潜在意識同士が呼び合って、自然に気が合う人と知り合えるようになるのです。

子供の学校や新しい職場の初日、たまたま近くにいた人が、のちのちすごく仲良くなれる人だった的なことが起こりやすくなります。

逆に、嫌な人とは自然に縁が切れその先も変な人とは知り合わなくなります。

無意識の世界、潜在意識というと難しく感じがちですが、オーラとか、雰囲気とか言えば馴染みやすいでしょう。

たとえば、猫好き同士はオーラに「猫が好き!」と描かれていて少し離れたところからでもオーラ同士で「あ、やっぱり?」と呼び合うのだそう。

だから意識して楽しいことばかりで頭をいっぱいにしていると、楽しい人を呼び寄せることになるのです。

逆に、気が滅入っている時は、泣き面に蜂で嫌なことが続かされます。

要は、疲れていたり、無意味に嫌な予想をしたりするのは厳禁ということです。

自分の気持ちを保ち、いい人間関係を引き寄せるためにも、常に体調は管理して、疲れすぎないように心がけることが、40代以降は特に大切です!

さらに雑念を払って、直観を研ぎ澄ませていくと、ムダな労力も使わずに済むようになりますよ!

Pocket