少年野球の子を持つ母へ 4割も軽減できる!ラクできる家事のコツ

Pocket

みんなで料理

毎日家事に子供の世話だったりと働いているお母さん

土日は少年野球もありますし、ゆっくり休む時間があまりないです!

いまの時代は不景気ですので、平日も働いているお母さんも多いと思います。

忙しくなるとともに心も体も悲鳴を上げ、「主人も少年野球の手伝いはするけど、わたしよりは余裕がある感じがする」

女性だけが家事をする時代ではないし、不満が募っていく方は少なくありません。

今の時代はルールを決めて家族と分担

何事も分担することで、負担が減り、効率よくなりますよね。家事も一緒です!

子供たちと旦那の得意分野を生かしたり、自分たちの行動パターンに合わせて、掃除や洗濯、洗い物などの分担をしましょう!

成長期の子供に欠かせないご飯はとても大事。なので料理と掃除機掛けはお母さんが担当。

一番最初にお風呂に入る旦那さんは風呂掃除を。

そして、朝にトイレ掃除をしてから一日を始めると金運にいいらしく、多くの経営者もやっているそうです。なので仕事へ行く前にトイレ掃除も旦那さんにしてもらう。

洗濯は小学生にはまだ負担が大きいので、ママか旦那さんどちらかでやりましょう。

子供は窓ふきや玄関の掃除、学校でやっているようなことを家でしてもらう

うまくやればいつもの家事の負担が9割だったのが、5割までの負担にまで軽減されますよ♪

いつまでも自分だけで家事をしていくと、年齢とともに体力もなくなるのでシェアをしていきましょう。

朝をスムーズに

余分なものは持たない、家事も余計なことはしない。その分生まれた時間やお金は家族にとって価値あることに使うことが大切。

そして、子供たちには「できるだけ自分のことは自分で」と任せるようにしましょう!

それだけで随分家事がラクになります!

「お母さん、あれどこ?」「何着て行けばいいの?」と子供によく聞かれることもあります。

朝が忙しい時なんかに聞かれると、頭が回らなくて余計疲れてしまいますよね。

だからやりかけていたことを中断するまでして、手伝わなくてはならなくなるんです。

なので、子供たちの物や着る服はノータッチで行きましょう!

各自、持ち物の置き場所を決めておいて、使ったものや着るものを元のあった場所に戻すというルールを作りましょう。

そうすると、持っている物を把握できて同じような物を必要以上に買う無駄もなくせます。

できることを子供たちに任せて、それを習慣化する。朝の活動もスムーズになり、仕事の時間までゆっくりできますよ!

Pocket