少年野球 良いママなのか悪いママなのか

Pocket

不満顔の女性

少年野球で、監督より立場が偉そうなお母さんっていますよね。

決してボスママとかモンスターペアレントみたいな感じじゃなく、むかしソフトやってたからルールなどの知識が少しあったり、「親が元プロの野球選手だったの♪」とか、「旦那が社会人まで野球やってたの」とか

ちょっと出しゃばりなタイプのママですね。

例えば、監督に親切心のつもりでアドバイスしたり。

「もっとこういう起用法の方がいいと思いますよ監督」

やっぱり経験者でもあるから、我慢できずに自分の思い通りになってほしいから、つい前にでてしまうというのがあるんですね。

こういう人がいると、監督もたじたじですね(笑)

監督だけならまだしも、こういうお節介な良いママか、嫌なママなのか分かりませんが、他のお母さんにも難しいことを言ってきたり。

とにかく、こういうママにひるんでしまう監督は子供たちを安心して任せられないように、保護者も感じ取ってしまうのでよくないです。

少年野球は保護者の協力がなければ成り立ちませんが、最終的にチームを引っ張って子供たちが野球を楽しくやれる環境を作っていくのが監督なのだから、理不尽な母親やグイグイ出しゃばるお母さんに負けないで、ビシッと構えてほしいものです。

ちなみにこういうママの対処としては、強いて言うならば…

聞き流して「へぇ~」と相槌が一番です!

空返事はもちろんダメですが、それだけで相手は共感を得られ満足になるので、そのままにしておくか、監督がビシッと言ってくれるかのどっちかです。

不満が溜まって怒りが爆発するのだけは子供や他の子たちにも影響してしまうので、こういう存在のママがいても深く考えずに、そのママのいいところだけを見つけてうまく付き合うようにしましょう♪

僕も上の人や、ちょっと怖いような人にはあんまり反発というか自分の言いたいことを主張できない時もありますが、結局は自分の人生。

その人のことを考えて、悩む時間を費やすより、自分が楽しくいられるようにすることの時間を使わなきゃ損です!

Pocket