母の少年野球 ストレスは意外なところから来ている

Pocket

部屋の乱れは心の乱れって言いますよね。

昨日、自分の部屋の整理を半日かけてやっていました。

整理と言っても掃除を主にして、いらない物をどんどん捨てる。

断捨離をして新たに自分の部屋の調和を整えようと思ったのですが、掃除を始めたらとことん綺麗にしないと気がすまないので、結構時間がかかってしまいました。

色んなものを捨てていると、おもしろい掘り出し物が見つかる時ってありますよね。

昨日見つけたのは、懐かしい雑誌が何冊か出てきたり「今売ったらどのくらいの価値なのかなぁ」と、捨てるよりヤフオクとかに出そうかと思ってました笑

それにしても、部屋の整理をしただけで気持ちもスッキリしたり、作業意欲が湧くのは不思議ですね~

もしかしたら、心のモヤモヤってのは実は部屋のせいでもあるのかもしれません。

普段は出来ない所の掃除場所や箇所を目にしたとたん、あるいはその現実に気付くと、自分を責め、気分は落ちてしまいます。

「忙しいから」「やる気が出ない」と先送りにすれば、さらに気持ちは乱れて、また部屋が荒れるの悪循環。

やはり毎日の掃除はもちろん、「使いやすさ」「片付けやすさ」「自分らしさ」を大切にしていることと、生活動線や使い勝手を考えぬき、掃除や片付けが簡単な部屋を実現することで気持ちも上がります。

引き算を考え、後始末が楽な家を

一から部屋作りをすることはなかなかできないけど、「余白を作る」「選ぶ」という発想をしてみましょう!

余白を作る、選ぶというのはいわば、引き算の暮らし。

家を見渡してみると、「あって当たり前」と思っている物の中には「意外となくても大丈夫」なものも多いかと思います。

やみくもに捨てるのではなく、メリハリをつけて部屋のどこかに余白を作り、物を買うときには本当に必要としているのかをよくよく吟味してみましょう♪

無理をしてでも物を減らすことが、暮らしの豊かさに繋がるとはかぎりません。

僕も以前は、たくさんの物に囲まれていた方が安心できました。

引き算の生活をしてみたいと思う気持ちが芽生えたのはごく最近の事。

なんでも実験するのが人生というものです。

ルールで自分を縛らず、その時々の気分を大切に、いまいる時間を楽しむのがいいと思います。

空間に余白があると、不思議なもので時間や心にも余白が生まれるんです。

忙しい毎日でも、一人でゆっくりお茶を飲んだり、お風呂に浸かって頭を空っぽにすることもできますよね。

それがなんだか新鮮に感じられます。

そして、もう一つは…

後始末が楽な家を作ることが、イライラを無くす一番の近道です。

例えば、物を出しっぱなし、開きっぱなしの状態が多いと後回しがストレスを生むのです。

後始末さえしておけば、次の動きにも取り掛かりやすくなります。

狭いから、収納場所がないからとあきらめないで、家の中にあるもので収めれば、片付けも楽になると思います。

工夫次第で必ず変わりますよ!

片付けの目的は、美しい場所を作ることではなく、自分の心を整えることです!

身の回りの小さなところから始めてみてはいかがでしょうか。

1か所でもきれいになると、自分を肯定でき「次もやってみよう」と思えるエネルギーにもなるんです。

Pocket