母の少年野球 お母さんにとっての少年野球の意義

Pocket

少年野球 連係プレー

今回のテーマは、「ママにとって少年野球は続けてほしいか?」です。

短い文章でまとめてはいますが、是非ご覧になってください

少年野球の子を持つすべてのママたちが「続けてもらいたい!」と即答で言ってほしいですが、少年野球は楽しいことばかりではないので難しいですね。

週末に野球があって、仕事が休みでも早朝からのお弁当作りと送り出しやチームの当番や応援、体力的には平日の仕事よりもハードだったりもして、大変だったり思う日も多々あるはずです。

チームによっては役員会があり、それがけっこう苦手だという方も。

少年野球の現場は色々あり、大変なことばかりです。

だけどやっぱり、子供が少年野球を卒業して、シニア野球あるいは中学の野球部に入り、いまも野球を頑張っている姿を日々見てきて「やらせなければよかった」と思うことは一つもないというのが親の本音でしょう。

うちの母親もそうでしたから。

卒部してからの土日の野球がなくなってからは、土日祝日にどうやって過ごせばいいか分からないというママも多いそうです笑

少年野球を通して学び得るのは、子供だけでなく、親にとっても数えきれないほどあります。

基本的な礼儀、挨拶ですね、そして道具はもちろん、体の大切さを学びます。

自分の事は自分でやる。

目標を成し遂げるために努力、というより継続し続けること。

仲間を想う気持ち、仲間と切磋琢磨し感謝するということです。

そして何より… 野球が楽しいということ!!

好きだからこそ夢中になれる、頑張れるんです。

夢中になれるものを見つけて、活動日以外も練習したり頑張る姿、体力も精神面もどんどんたくましくなる姿を見れる親もとても幸せではないでしょうか。

我が子が恥じらいながらも、「お母さんいつもありがとう」

と言われた日には、いままでの悩みなど吹き飛んで忘れさせてくれます。

やはり、少年野球を続ける意義というのは「頑張る子供を応援できる幸せ」にあるのではないでしょうか。

あなたも、子供も、野球をやっていなければ得られない経験がたくさんあります。

これからもがんばるあなたを応援し続けますよ!

~母の少年野球~

Pocket