大人はバカ!?子供をバカにしない監督のいるチームへ

Pocket

少年野球では監督の指導方法によって、子供の伸び方が圧倒的に変わってきます。

伸び方といっても技術だけではなく、精神面、もっと深いところだと「人間力」も養われるでしょう。

やはり監督も人間なので、スタイルや思考も十人十色ですね。

ニュースなどでも問題になっている、勝利至上主義のような監督や、子供たちのことを第一に考えない監督は、楽しめない野球になり、その子の視野も狭めてしまいます。

なので、チーム選びも大変です。よく見極めてから入らないとやめたくなりますからね。

監督の指導に対する怠慢、手抜きを許すな!

子供は所詮子供。大人と違うのだから大人のようにできるわけがないと、ハナから上から目線で、子供をバカにしている指導者が多すぎます。

ピッチャーの指導にしても「どうせ、投げ分けるだけのコントロールなんか無理なんだから、ストライクだけ投げろ」とか「牽制球なんか投げられるわけがないんだから、プレートを外してランナーだけ見ればいい」

バッターに対しても「どうせバントなんかできないんだからただ振ってこい」「打てないならボールを選んでフォアボールで出ろ」など

これはまさにハッキリ言って、監督の指導に対する怠慢、手抜き他ありません!

チームの勝利より、選手1人1人に対等に接する監督

子供でも、いや、まだなんにも知らない邪心のない子供だからこそ、一つ一つ丁寧に教えていけば、乾ききったスポンジがあっという間に水を吸収するかのように、なんでも覚え込んでいくものです。

最初から「お前には無理だ」といっていたら、なんにも教えることはないだろうし、子供だって身につかない。

ときには無理だと思ってもときどきレベルの高い練習をさせることによって、子供はとんでもない成長をみせることがあります。

そうやって、潜在能力を引き出し高めていくことも監督には必要だと思います。

自分が「大人だから」「監督だから」と思って対等に接しないのはよくありません。

子供と一緒に試行錯誤しながら、自らも成長していく、そんな監督のいるチームを選びたいですね。

少年野球の監督も、子育てと通ずるところはあると思います。

子育ての大原則として、「子育てをするときに、子供を下に見ないこと」

要は、大人は勝手に知識とか経験が豊富で子供よりなんでも知ってると変に解釈して、子供の相手をします。

でも、実際大人は偉くもないし、頭も良くないし、いまの日本の無駄な教育をまともに受けているのが事実です。

そういう考えで子供を下に見て接すると、無限の可能性がある子供たちの未来が潰されてしまいます。

やはり、いい監督は子供と対等に接して、自らも子供から学ぶ姿勢である。

そうであれば、チームが強くなくとも、輝いたチームに見えますからね。

Pocket